1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今後の活動予定はホームページをご覧ください

下鴨車窓のホームページはこちら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
福岡へ来た


同じ場所なのに、来る目的が違うと違う場所のように感じられる。
 ぽんプラザは何回か来たことのあるホールだけれど、それはワークショップや座談会のようなことで、自分の舞台公演で来るのは初めてだ。夕方に大阪・南港からフェリーに乗ってまずは北九州へ。そこから高速バスで福岡市内へと移動した。そうしてやってきたこの場所だ。
 実際に舞台が組まれて、先週公演をした伊丹のアイホールとはまた違った空気ができそうで、明日からのリハーサルが楽しみだ。きわめて個人の事情で(自分のブログなので別に問題もないけれど)、20歳直前に福岡を離れて、演劇を始めたのは京都に行ってからで、だから福岡では小劇場演劇を観ることはあったけれどそれ以上の演劇の記憶はない。何より、わたしが福岡にいたころは、まだぽんプラザは無かった。
 そして演劇をするわたしとしてこの街に戻ってきて。「凱旋公演ですね」と言ってもらうこともあるけど、京都で演劇を生業にしていることを知る人は福岡の知人友人にはほとんどいないので「凱旋」とは言えないのだろう。演劇で行ってきますと言ったわけじゃないんだし。正確には。そういう屁理屈以前に単純に「凱旋公演」ということばがこっ恥ずかしい。



 同じ街を仕事で行くのと観光で行くのとでは違ったものとして見えてくるという、ありがちな話の一つではある。ちょっと身に余るんじゃないかと思うくらいに熱心な受け入れをしてもらって(もちろん迷惑という意味ではなくとてもとても嬉しい)、舞い上がっているだけかもしれない。
 ただただ丁寧に創作をしよう。舞台をつくろう。気を引き締めて明日のリハーサルと本番初日に臨もうと改めて思う。

下鴨車窓#8『人魚』総合案内(あらすじなど)→
日時・会場・予約:福岡公演→/広島公演→

RSS"no size"が更新されるとお知らせします

スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://tana2yo.jugem.jp/trackback/765132
TRACKBACK