1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今後の活動予定はホームページをご覧ください

下鴨車窓のホームページはこちら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
稽古が始まり今年が始まる


20日から「旅行者」の稽古が始まった(写真は22日のもの。撮影は演出助手の肥田くん)。
 およそ1年半ぶりの稽古場。昨年暮れにワークショップはあったものの、当然創作する場とは違っていて。期待と不安と(どちらも自分に対しての)がごっちゃになっていて、身体もなんだか緊張してるしそうして迎えた稽古初日だった。
 読み合わせをして、立って動いてもらってと稽古の段取りは変わらず。
 初めての読み合わせを聞いてホッと一安心した。実際の本番の舞台がフッと想像できる瞬間。こんなふうに見えればいいんだなと、今までの経験からここでホッとできる瞬間があれば創作はだいたいうまくいっている。あとは役者にうまく伝えられることばをわたしが探せるかどうかにかかっている。初演からの役者と今回初めての役者とでは情報量も違うしその差を埋める作業も。もちろんその差は不利なことだけではなくて、その差が新しい解釈や舞台の可能性を広げるきっかけにもなるはずで。



 初演と再演とで変わるのもの、変わらないものそれぞれあるだろう。どんな作業になるのかとても楽しみなところだ。

 二月には急にリーディング公演の演出をすることになった。こちらでも新しい出会いがあって緊張もするが良い機会にできればと考えている。

昨年9月に帰国してから年末までの暇さとはうってかわっての忙しさ。今年はこうして駆け抜けていく1年になりそうだ。

RSS"no size"が更新されるとお知らせします
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK