1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今後の活動予定はホームページをご覧ください

下鴨車窓のホームページはこちら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
新作舞台の出演者を募集します
 2011年3月に名古屋・七ツ寺共同スタジオと京都・アトリエ劇研で上演する予定の新作舞台『隠れる人(仮題)』の出演者オーディションを実施します。名古屋の老舗劇場・七ツ寺共同スタジオのプロデュース公演です。脚本と演出はわたしが務めます。
続きを読む >>
楽しくなってる場合じゃない
 動画編集のことだ。Macに付いているソフト"iMovie"の操作がとてもわかりやすくてスイスイできてしまう。これが良くない。字幕の入れ方とか画面の変え方とか、ほとんど思ったとおりにできる。
よその芝居を見続ける
観劇が続く。しなければならないことがいくつもあるのに、要は戯曲執筆の締切が迫っているのと過ぎてしまったのだけれど、見続けている。
マレビトの会、shelf、自分の稽古
JUGEMテーマ:地域/ローカル

催し物の多い季節だ。観られない作品が多すぎて困ってしまう。 
気分一新となるか
三ヶ月ぶりの投稿となりました。業者の都合でブログのデザインが一新されましたが、気分も一新という具合で再開したいと思っています。
[お知らせ]交流会があります
実はといいますか、わたくし京都舞台芸術協会の理事もしていまして、今回わたしの担当で交流会なるものを開くことになっています。お知らせが後手後手になってますがご都合がよろしければお越しください。
美術館へ行かなきゃ駄目だ


広島にて。まったく期せずして見ることができたのはアラーキーこと荒木経惟の撮影現場だった。
灰の降る町で


小学生の頃に父親に連れられて行ったときの記憶がある。灰が降り積もって、路面電車や車が通るたびに舞い上がっている。町全体にもやがかかっているようでなんだか息苦しい。しかし今回は快晴だった。6月初旬の訪問。
磁場としか言いようがない


東向きの窓から朝日の光が差し込んでいる。
5月の最終週は、名古屋の劇場「七ツ寺共同スタジオ」の企画で一週間のワークショップとその発表公演だった。
ずーっと戯曲を書いている
 本当に「雑記」ですが。
 4月の下旬に、まあGWに入るまでには書きますよと豪語して、先週やっと書き上げるに至った『可愛いマルシアがいた庭で』。そして今は来週から名古屋で稽古をする戯曲を。書き続ける日々だ。
続きを読む >>